【医師が回答】45%はがんの可能性!?悪性のほくろができやすい場所

【医師が回答】45%はがんの可能性!?悪性のほくろができやすい場所

「医療法人社団 清優会 はなふさ皮膚科」理事長の花房火月医師にインタビュー。

皮膚科では、体のどの部分まで治療を受け付けているのか、皮膚のトラブルが重い病気につながることはあるのかなど、伺いました。

また、重い病気につながってしまうほくろの見極め方、悪性のほくろはどこにできやすいのかなど説明していただきます。

この記事の目次

頭から足まで!さまざまなお悩みに対応

花房火月医師

Q1.皮膚科では、身体のどの箇所まで起こるトラブルに対応していますか?

クリニックでは、頭から顔、体、手、皮膚、爪、足の先まで、さまざまなトラブルに対応しています。

Q2.皮膚科で対応できないトラブルもあるのでしょうか?

ありますね。まずはメラノーマなどの悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)、皮膚がんですね。そういった悪性腫瘍(あくせいしゅよう)が見つかった場合は大きな病院を紹介しています。

また、全身性エリテマトーデス、強皮症といったような膠原(こうげん)病の場合も大学病院に紹介状を送らせていただくことがあります。

そして、蜂窩織炎(ほうかしきえん)という皮膚にばい菌が入ってしまう病気。患者さんの全身状態が悪く、頻繁に発熱を繰り返していて“ふらふら”になっていると入院が必要になりますので、大学病院を紹介させていただきますね。

悪性?良性?危険なほくろの見極め方

Q3.病気につながるほくろかどうか、自分で見分ける基準はありますか?

有名なABCDE基準というものがあります。

Aというのは、アシンメトリー。左右非対称なほくろです。しかしながら、アシンメトリーかどうかを、個人で見極めるのは難しいかと思います。

Bというのはボーダー。悪いほくろは、端の方が不明瞭になっていますね。

Cというのはカラーバリーエーション。黒、褐色、赤っぽい、青っぽいなど、さまざまな色が混ざっている状態です。

Dというのはダイアミター。大きいほくろは怪しいということですね。6mm以上のほくろは一応注意するといいでしょう。

Eというのはエボルヴィング。大きさや形、色が変化していく場合は怪しいということになります。

Q4.赤いほくろのようなものは、病気のサインでしょうか?

多くの場合、チェリースポットという赤い血管腫を指していることが多いと思います。これは、毛細血管が大きくなっている状態の老人性血管腫ですね。鮮明な赤で、“ぽちぽち”とあっても、無害ですね。

チェリースポット※チェリースポットの例

また、スピッツ母斑という赤いほくろもあるのですが、ときにメラノーマの発生につながることがあるので注意が必要です。

スピッツ母斑※スピッツ母斑の例(出典:Dermatol Pract Concept. 2012 Jan; 2(1): 13–24.)

 

45%はがんの可能性!?手のひら、足のうらにできるほくろ

Q5.悪性のほくろができやすい場所はありますか?

例えばメラノーマといった悪性なほくろは、手のひら、足の裏にできやすいです。日本人のメラノーマの約45%は手のひら、足の裏にできるという統計があります。

また、基底細胞がんという皮膚がんにつながるほくろは、顔にできやすいんですね。

有棘(ゆうきょく)細胞がんという皮膚がんに関係してくるほくろは、皮膚の露出部である顔や手足といった紫外線を浴びやすいところにできやすいです。

ほかにも、パジェット病という悪性腫瘍に影響してくるほくろは、乳房や陰部、脇にできやすいですね。

Q6.ほくろやシミ、あざなどを取る治療は保険診療で受けられますか?

ほくろが引っかかって困る、視野に入っててこまる、将来的に悪性腫瘍の発生地になりうる、悪性腫瘍との区別が問題になる、といった場合は保険診療になります。

美容目的の場合は保険適用外になりますね。

しみに関しても基本的には病気ではないという解釈なので、すべて自由診療になります。

あざに関しては保険診療になることが多いですよ。

※次の記事「ピアス、足の臭い、タトゥーなど!皮膚科で受けられるさまざまな診療

執筆者:歯科こえ 編集部

歯科こえでは、お口のトラブルをサポートする情報を掲載しています。読者の方々が抱える悩みや症状、その原因を解説し、治療方法なども記載しています。また、歯科こえコラムの全記事を歯科医師が監修しています。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
歯科こえはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

監修医 花房火月医師

監修医 花房火月医師

はなふさ皮膚科クリニック

理事長:花房 火月

住所:【三鷹院】東京都三鷹市下連雀3-37‐2 フィルパーク三鷹駅前2階 住所:【国分寺院】東京都国分寺市本町4-1-9 住所:【新座院】埼玉県新座市野火止5-10-26 住所:【久我山院】東京都杉並区久我山4-1-9 久我山ビルディング2階 住所:【志木院】埼玉県志木市本町5-25-8ドゥーセットビル3階
花房 火月医師
【医師が回答】45%はがんの可能性!?悪性のほくろができやすい場所 2020-01-22T18:28:38+09:00
歯科こえロゴ