間違ったやり方は逆効果!歯ブラシ除菌の正しい知識


口の中には、常時300から500種類もの細菌がいると言われています。細菌がいること自体は問題ありませんが、増えすぎたり細菌を構成する種類のバランスが崩れると、口臭や口の中の不快感、歯周病に繋がります。

そこで歯ブラシ除菌が有効なのですが、間違ったやり方をしている人も少なくありません。間違ったやり方は時に、体に有害なこともあります。

しかし、正しい歯ブラシの除菌方法を実践すれば、単に気持ち良いばかりでなく、口臭や歯周病が改善も期待できるのです。歯ブラシ除菌グッズを上手に利用しつつ、お口を綺麗にしましょう。

1.歯ブラシ除菌5つの方法

1-1 水洗い&乾燥が基本!

歯ブラシ除菌の基本は、「水洗い」&「乾燥」です。歯を磨いた後は水でサッと流すだけでなく、指でブラシ部分を動かし、食べかすがブラシに残っていないか確認しながら、流水で洗います。

歯ブラシ 洗う

水洗いの後は、風通しの良い場所でよく乾燥させましょう。水をよく切った後に、清潔なタオルで水分を拭き取ったり、ドライヤーの風を当てるとより効果的です。

ただし、歯ブラシ自体は熱に弱いので、冷風や送風がおすすめです。

1-2 紫外線で殺菌も…?

歯ブラシの除菌効果さらに高めるために、紫外線に当てましょう。紫外線と聞くと特別な装置が必要かと思いますが、太陽の光で十分です。

歯ブラシの種類や素材などで、使用法・殺菌方法が変わってくるので、歯医者さんのアドバイスを受けると良いでしょう。

1-3 リテーナーや義歯用消毒液でより気持ちよく

リテーナーや義歯用洗浄液に漬けるという方法もあります。リテーナーとは、歯列矯正治療の後、歯列が安定するまで装着しておく器具です。

歯ブラシを除菌したいという方の中には、リテーナーや義歯用洗浄液に週に1回程度漬けているという人もいるようです。

見た目がきれいになるようですが、歯ブラシ専用に作られたものではないので、普段からリテーナーや義歯を使っている人でなければ、わざわざ購入する必要はないでしょう。

1-4 歯ブラシ除菌器でさらに美しく

もし、お金をかけてでも歯ブラシの除菌をしたいのであれば、歯ブラシ除菌器がおすすめです。

歯ブラシ除菌器は、紫外線(UV)を使って除菌する仕組みです。形態はさまざまあり、「除菌庫」といって、1台で数本と家族で利用できるものから、ケース式で1本ずつ入れて使うもの、オフィスでの使用を考えて、USBで可動するものまであります。

1-5 1カ月に1回以上の歯ブラシ交換で清潔に

多くの歯ブラシメーカーでは、「毛先が開いたら交換」を推奨していますが、歯ブラシの除菌を目的とするなら、1カ月に1回は交換したいですね。よりよく乾燥させるために、歯ブラシを2本用意して交互に使うのもおすすめです。

2.そもそも歯ブラシ除菌って必要なの?

2-1 除菌、滅菌、消毒の違いって?

そもそも歯ブラシに除菌が必要か、を理解するために、「除菌」という言葉について知っておきましょう。

歯ブラシ 汚れ

まず、「除菌」「滅菌」「消毒」という言葉を、“含まれる菌が少なく、人体への害が少ない”意味の順に並べてみてください。

答えは、「滅菌」「消毒」「除菌」です。

滅菌とは、「微生物の生存確率が100万分の1以下」と定義されています。一方消毒とは、「病原性微生物を無害にすること」で、滅菌のように、菌の生存にまでは言及していません。菌が生存していても、無害化させれば消毒となるのです。そして除菌とは、「微生物数を減らすこと」を言います。つまり、菌を無害化する必要がありません。

さらに、滅菌や消毒は日本薬局方に定められ、医学的にも用いられる用語に対して、除菌は食品衛生法には登場するものの、学術的にはほとんど用いられない言葉です。

2-2 医学的にはまだ必要性が証明されていない?

上記で述べたように「除菌」は医学用語ではありません。つまり、除菌と謳われた商品は、”医学的には証明されていない”ということの裏返しと捉えることもできます。

実際、歯科医の多くが「歯ブラシに除菌が必要という医学的根拠は今のところ証明されていない」という認識のようです。ただし、次からの項で触れるような事例では、必ずしも歯ブラシ除菌の必要性を否定すべきではないと言えるでしょう。

2-3 メンタル的に効能あり

歯ブラシ除菌を行うメリットのひとつは、メンタル面の効能です。歯ブラシ除菌を行うと、確かに見た目が美しくなりますし、においがなくなったという使用者の声も聞かれます。そして、「除菌を行った綺麗な歯ブラシで歯を磨く」という意識が働きます。

「病は気から」という言葉があるように、心理的な効果を期待できるといえるでしょう。歯も、心もすっきり綺麗になるのは、長い目で見ると健康に有益と言えるでしょう。

2-4 保管場所によっては除菌も効果あり

歯ブラシを家族と一か所にまとめて保管している、といった場合にも、歯ブラシ除菌は一定の効果を示すと考えられています。歯ブラシ同士が接触することで、細菌を移し合うことになるからです。

こうした場合は、歯ブラシ除菌をすることで、お互いに細菌を移したり、増殖させたりするのを防ぐことができます。一つの歯ブラシ除菌庫には、5本ほど収納と除菌ができる、家族使用タイプのものもあるので、それを使用するのと便利です。

2-5 歯周病の場合は、効果大?

歯周病は口内の細菌が原因となって、歯肉に炎症を起こす病気で、45歳以上のおよそ半数が罹患していると言われています。歯周病と聞いても、大病のイメージがないかもしれませんが、進行すると抜歯が必要になり、放っておくことは適切ではありません。

さらに最近では、歯周病菌が脳梗塞や早産など、多くの疾患の原因になっているのではないか、とも言われているほど、とても身近で怖い病気なのです。

歯周病の場合、より丁寧なブラッシングが必要となりますが、同時に歯ブラシも清潔にしておかなければなりません。そのため、歯周病の場合、歯ブラシを除菌するというのは、理に適っていると言えるでしょう。

3.歯ブラシ除菌の際に、気を付けたいこと

3-1 熱湯(煮沸)消毒はNG

消毒といえば、まず熱湯や煮沸による消毒を思い浮かべる人も多いでしょう。熱湯消毒であれば、自宅で簡単にできるし、やってしまいがちですが、歯ブラシの除菌方法としてはNGです。

歯ブラシの材質は、プリプロピレンやナイロン、アクリル、飽和ポリエステル樹脂などで、耐熱温度は80℃以下となっているものがほとんどです。

そういった歯ブラシを熱湯消毒してしまうと、歯ブラシを傷めてしまいます。熱湯消毒非対応の普通の歯ブラシでは、熱湯消毒をしないようにしましょう。

3-2 台所用漂白剤は危険

台所用漂白剤も自宅でできる消毒法ですが、専門的な知識がないままに行うのは危険です。台所用漂白剤の成分は、次亜塩素酸ナトリウムで、プールや哺乳瓶の消毒剤として広く用いられています。

しかしそれらは、きちんとした濃度に薄められたものです。そもそも次亜塩素酸ナトリウムは劇薬であり、必要以上に濃い台所用漂白剤で消毒すると、成分が残り、体に危険を及ぼします。だからといって、薄すぎても消毒の意味を成しません。家庭で、適正な濃度で消毒するのは難しいと言えるでしょう。

3-3 アルコール消毒は効果不十分

アルコール消毒もよく知られた消毒方法ですが、歯ブラシの除菌に対しては意味がないと考えられています。アルコールは、70%の濃度があって効果があるものです。

アルコール消毒

消毒用アルコールは70%前後あるものも多いですが、時間が経つと効果は落ちてしまいます。

また、アルコールでは効果のない細菌やウイルスも多く、アルコール消毒だけでは歯ブラシの除菌は不十分といえるでしょう。

3-4 意外な落とし穴、ケースに入れて保管

汚れが付かないように、と歯ブラシをケースに入れているのは、除菌という意味では逆効果です。歯ブラシ除菌の基本は、水洗いと乾燥。ケースに入れての保管は、乾燥を妨げてしまいます。

持ち運び用のケース付き歯ブラシに保管する際は、よく洗って乾かしてから保管するようにしましょう。

4.おすすめの歯ブラシグッズ

4-1 紫外線歯ブラシ除菌ケース

歯ブラシ除菌グッズの中でも人気が高いのが「紫外線で歯ブラシを除するケース」です。歯ブラシを入れて約5分で、紫外線による除菌率99.9%を誇ります。

ポータブルから家庭用までさまざまな形状があります。

歯ブラシ一本が入り、無駄のないスタイリッシュなデザインと豊富なカラーラインナップが特徴で、ポータブルであれば単4形アルカリ乾電池2本で使用できる商品もあります。

4-2 USB歯ブラシUVケース

お手軽に歯ブラシを除菌できるグッズです。USB電源で使用でき、製品によっては乾電池による使用も可能のものがあります。オフィスで清潔に歯ブラシを使いたい人に支持されています。

4-3 イータック歯ブラシ防菌スプレー

今、新しい歯ブラシ除菌グッズとして注目を浴びているのが「歯ブラシ防菌スプレー」です。

広島大学大学院医歯薬保健学研究院により開発された防菌成分「イータック」を使ったスプレーで、研究によって防菌効果が有意に示されました。取り扱いは歯科医院でのみなので、歯科医院に問い合わせてみるとよいでしょう。

5.まとめ

歯ブラシ除菌の基本は、水洗い&乾燥ですが、そこに専用の除菌器や防菌スプレーを併用するとより効果が期待できます。

歯ブラシ除菌をすることで、歯茎の腫れや口臭が改善されたという声もあり、口腔衛生のためにもおすすめです。


監修医 飯田尚良先生

飯田歯科医院


院長:飯田 尚良


住所:東京都中央区銀座1-14-9 銀座スワロービル2F


飯田 尚良先生