歯周病・口臭・虫歯予防にマウスウォッシュ!おすすめ4選


マウスウォッシュ さわやか すっきり

自分の歯を常日頃からケアをしている人も多いでしょう。具体的なケアの方法として多くの人が、食事の後の歯磨きと答えるのではありませんか?

しかし歯磨きにプラスアルファのマウスケアを加えることで、口の中の健康維持に期待できます。その中でも比較的簡単にできる方法として、マウスウォッシュがあります。

口に含んでゆすいで吐くだけですが、いろいろな効果が期待できます。ここではおすすめのマウスウォッシュの効果とおすすめの商品について詳しく見ていきます。

1.マウスウォッシュの効果

洗口液

1-1 マウスウォッシュと歯周病

歯周病はコマーシャルなどでも広く紹介されていて、名前だけは知っているという人もいるでしょう。歯周病が進行すると、健康な自分の歯を失ってしまうおそれもあります。

マウスウォッシュはこういった歯周病の予防に期待できます。というのもマウスウォッシュの成分は歯周病菌を殺菌する効果があるからです。

ただしあくまでも予防効果であって、すでに発症している人は歯科クリニックで治療を受ける必要があります。

1-2 マウスウォッシュと虫歯

マウスウォッシュには、口腔内の主な病気の一つである虫歯に関しても予防効果が期待できます。もし虫歯予防でマウスウォッシュを使用するのであれば、薬用成分のフッ素の含まれているものを選びましょう。

唾液には再石灰化という働きがあり、虫歯になりかけの状態の歯であれば元に戻す力を持っていますが、フッ素にはそれを促進してくれる作用があるからです。

またフッ素は歯そのものを強くする働きもありますので、虫歯予防をするには効果的です。

1-3 マウスウォッシュと口臭

マウスウォッシュは口臭が気になる人にもおすすめです。口臭の原因の一つとして、口の中の細菌の繁殖が挙げられます。

マウスウォッシュには優れた殺菌効果がありますので、それによる口臭予防は十分可能です。

またメンソールなどが配合されているので、一時的に口の中を爽やかにする効果も期待できます。

ただし重度の歯周病や内臓疾患が原因で口臭を発することもあり、この場合には歯科クリニックや内科での治療が必要になります。

2.マウスウォッシュ選びのポイント

2-1 医薬部外品か医薬品がおすすめ

マウスウォッシュ選びのポイントはいくつかありますが、まず分類上化粧品と医薬部外品、医薬品に分けられます。歯周病予防、虫歯予防などの効果を得たいのであれば、医薬部外品もしくは医薬品のマウスウォッシュを選びましょう。

商品のラベルで化粧品か医薬部外品かは確認できるはずです。化粧品のマウスウォッシュの場合、一時的な口臭予防やリフレッシュ効果は期待できます。

しかし薬用成分は配合されていないので、口内の殺菌効果などはありません。医薬部外品や医薬品であれば薬用成分が配合されているので、口内の殺菌など一定の効果が期待できます。

2-2 殺菌力の強さ

歯周病や虫歯予防のためにマウスウォッシュを使おうと思っているのであれば、殺菌力の強いものを選びましょう。

マウスウォッシュを見てみると、口内の何パーセントの細菌を除去できるか記載されている場合があります。

99.何パーセントのような高い殺菌効果を持ったマウスウォッシュを使った方が、より高い歯周病・虫歯予防効果が期待できます。

2-3 アルコールの配合の有無

マウスウォッシュを見てみると、アルコールの配合されているものとそうでないものとに分類できます。アルコールは殺菌というイメージがありますが、爽快感効果はあるものの口内の殺菌効果はありません。

歯周病や虫歯、口臭予防効果の点でみると両者の効果はほぼ変わらないのです。ただし、アルコールの含まれているマウスウォッシュは唾液の分泌を抑制してしまう可能性があります。

これによってドライマウスになってしまうこともあるため注意が必要です。できればアルコールの配合されていないものを選ぶのが良いでしょう。

3.おすすめマウスウォッシュ4選

3-1 比較的刺激が強めのマウスウォッシュ

比較的刺激の強いタイプは、口に30秒から1分間ゆすぐだけでOKという手軽さが人気で、マウスウォッシュの中でも珍しいバイオフィルムを破壊する効果をもっています。

バイオフィルムとは細菌が集まってできたネバネバの膜のことで、近年の研究でバイオフィルムを破壊することが歯の健康につながることが明らかになってきています。

様々な香味があり、自分好みのマウスウォッシュを選べます。

3-2 刺激がマイルドなマウスウォッシュ

比較すると刺激はマイルドなマウスウォッシュは、マウスウォッシュ初心者でも使いやすいでしょう。

味もクセがなく、万人受けするマウスウォッシュです。特に歯周病や口臭予防効果が高いと評価されていて、長時間にわたって歯がツルツルした状態をキープできるのが魅力です。

3-3 グルコン酸クロルヘキシジン配合のマウスウォッシュ

グルコン酸クロルヘキシジンは殺菌効果のある成分です。
この成分は長時間効果が持続するという特徴があります。その他にも緑茶抽出液が配合されているので、マウスウォッシュ特有のピリピリしたところがなく、刺激が苦手なひとにもおすすめです。濃縮タイプになっていて、好みの濃さに調節できるところも人気の理由です。

3-4 グリチルリチン酸モノアンモニウム配合のマウスウォッシュ

グリチルリチン酸モノアンモニウムは抗炎症作用のある成分です。歯茎の腫れの原因は、細菌の増殖が考えられます。
グルコン酸クロルヘキシジンも配合されているものでしたら、殺菌の作用もあるので、炎症を抑えつつ歯周病予防を行えます。
歯磨きをしたきれいな状態で、歯茎の奥深くまでゆすぐのがおすすめです。

4マウスウォッシュの効果を引き出す方法

4-1 歯磨きの後に行う

マウスウォッシュは、単体で口の中をさまよっている細菌を除去する効果はあります。しかし口の中にはプラークと言って、細菌が集まって粘ついた塊で生息しているものも多いです。このプラークをマウスウォッシュだけでやっつけることはできません。

そこでまず歯磨きをしてプラークを壊します。その上でマウスウォッシュを使用すれば、口内の細菌をしっかり殺菌できるわけです。

4-2 歯科医院で定期的に歯石除去

歯磨きとマウスウォッシュで、普段のマウスケアは十分でしょう。しかし素人のマウスケアだけでは十分に口内をきれいにできません。

そこで定期的に歯科クリニックに行って、専門の器具でマウスケアを行うのがおすすめです。特に歯垢が石灰化した歯石はブラッシングなどで取り除くのは不可能です。

歯石をそのままにしていると、歯周病や虫歯の原因となりうるのでクリニックで歯のケアをしましょう。

4-3使用は朝がおすすめ

マウスウォッシュは思い立った時にいつでも実践しても良いのですが、より高い効果を得たいのであれば、朝起きたときに使用するのがおすすめです。

眠っている間は唾液が減少するので、唾液の殺菌効果がどうしても弱くなります。このため起床直後は口の中の細菌がかなり繁殖している可能性があります。

朝起きたら歯磨きをしっかり行って、マウスウォッシュで口をゆすげば繁殖した細菌も一網打尽できるでしょう。

5.まとめ

マウスウォッシュには、口臭や歯周病、虫歯などの口の悩みを予防する効果が期待できます。ただし正しい使い方をマスターしていないと、せっかくのマウスウォッシュの効果も十分引き出せません。QAサイトで歯医者さんに質問している方もいらっしゃいます。

『マウスウォッシュ』について歯医者さんの回答を見る

上で紹介した注意点を参考にしておすすめのマウスウォッシュを使ってみましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

監修医 飯田尚良先生

飯田歯科医院


院長:飯田 尚良


住所:東京都中央区銀座1-14-9 銀座スワロービル2F


飯田 尚良先生