【銀歯が取れたときの対処法】放置してはいけない理由とは?


銀歯 取れた 放置

ある日「ポロッ」と銀歯が取れてしまった!なんていう経験を持つ方も多いのではないでしょうか。銀歯が取れたときの対処法は、すぐに歯医者さんに行くのが一番ですが、時間が取れなかったり、予約が一杯だったりと、なかなか歯医者さんに行けない、という方も多いと思います。

この記事では銀歯が取れてしまったときの、正しい対処法やしてはいけないこと、また取れたまま放置しているとどうなってしまうのかについてみていきたいと思います。

1.銀歯が取れたときの正しい対処法

まずは、とつぜんポロッと銀歯が取れてしまったときのおすすめの対処法をご紹介します。

1-1 詰め物は保存する

銀歯が取れてしまったときには、そのまま歯医者さんでつけてもらえることがあります。取れてしまった詰め物は、小さいものだと弱い力でも変形したり破損したりすることがあるので、容器などに保存しておき、歯医者さんに持参しましょう。

1-2 食事に気をつける

銀歯が取れてしまった歯は、とてももろい状態です。ですから、食事の際にはなるべくその歯に負担がかからないようにすることが大切です。硬いものを食べたり、強く噛んだりすることは避けましょう。

歯にひびが入ったり割れたりすることもあります。また、冷たいものや熱いものを食べると痛みを感じることがあります。取れてしまった歯の反対側で食べるなど、食事のとり方に気をつけましょう。

1-3 歯磨きを丁寧にする

銀歯が取れた部分は象牙質がむき出しになっている状態です。物が挟まりやすいだけでなく、虫歯にもなりやすいので、丁寧にきちんと歯磨きをしましょう。

2.銀歯が取れたときにしてはいけないこと

銀歯が取れたときに、つい詰め物を戻そうとしてしまったり、患部を触ってしまったりしてしまいがちですが、後で取り返しのつかないこともあります。

医者

2章では、銀歯が取れてしまったときに、してはいけない4つのポイントを紹介します。

2-1 詰め物を無理やり戻さない

自分ではうまくつけることができた感触でも、詰め物は浮いた状態で歯に乗っているだけです。そのまま噛むと詰め物が変形してしまう可能性があり、自分で無理やり戻すことによって自分の歯にもひびが入ったり、割れたり、欠けることもあり、取れた銀歯にも自身の歯にも悪影響を与えてしまいます。

また、取れてしまったものを誤って飲み込んでしまったり、気管に入ってしまったりする恐れもあるので危険です。取れた詰め物を自分で戻すことはやめましょう。

2-2 取れた場所を必要以上にいじらない

詰め物が取れるととても気になるものです。しかし、取れた部分をつつくなど必要以上にいじらないようにしましょう。銀歯が取れる原因として、銀歯をしていた歯の中が虫歯になっていることがあります。

いじることで刺激を与えると痛くなることがあるので、触らないようにしましょう。

2-3 接着剤などを使用してつけないこと

取れてすぐだから大丈夫だろうと、自分で瞬間接着剤などを使用して詰め物をくっつけてしまう人がいます。これは大変危険な行動です。なぜなら、口の中にはとても多くの雑菌がいて、きれいに歯磨きをしただけでは、取り除くことができません。

その状態で接着剤を使って詰め物をつけてしまうと、歯と詰め物の間に雑菌が入り、そこから虫歯になってしまうのです。もし、歯医者さんへいくまでの間だけとりあえずつけておいて、治療のときにとってもらえばよいと簡単に考えていたら、それは大きな間違いです。

接着剤はとるのが難しく、もしかしたらそのまま使用できたかもしれないはずの詰め物が使えなくなったり、残っている歯を削らなければならない状態に陥ったりします。

2-4 長期間放置したままにしない

銀歯の詰め物が取れてしまった状態で長期間放置しておくと、さまざまな悪い影響が出てきます。最悪の場合は、歯が折れて抜歯をしなくてはならないこともあるので注意が必要です。放置したままにしておくと、どんな症状がおこるのかは次の項目で詳しく説明します。

3.銀歯が取れたまま放置するとどうなるか

銀歯が取れたまま放置しておくと取れた詰め物が使えなくなるばかりでなく、銀歯を詰めていた歯にも悪い影響を与えてしまいます。

銀歯

取れた部分に汚れがたまることで口臭の原因にもなるので注意が必要です。

3-1 虫歯になるなってしまう!

詰め物は歯を削った部分につけています。そのため、取れたときには象牙質の部分が表面に出てしまい、とても虫歯になりやすい状態です。詰め物が取れた部分は、空洞になり、そこに食べかすが入ったり詰まったりしやすいので注意が必要です。

大抵詰め物が取れて1カ月放置すると初期虫歯がはじまり、虫歯は進行していきます。

3-2 虫歯が進行し穴が開く

詰め物が取れてしまう原因として、詰め物と歯との間に虫歯が出来ていることがあります。

取れた部分が虫歯になっていると、進行はとても早くあっという間に穴が開いた状態になります。大体3か月くらいで穴が開くといわれています。神経に到達するのも時間の問題です。

3-3 歯が欠けてしまう

放置してから半年くらいたつと、歯の内側から虫歯が進行しだします。内側はもろくなり、表面のエナメル質だけが残り非常にもろくなります。そして、そのもろくなった箇所が欠けてしまいます。歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある方は特に注意してください。

3-4 抜歯する必要が出てくる

神経をすでに抜いてある歯の場合には、虫歯が進行し歯がほとんど残っていないような状態になることもあります。その場合には、抜歯をする必要が出てきます。

3-5 ほかの歯にも影響が出る

銀歯が取れた状態が長くなると、虫歯になることが多いです。その歯が原因で、ほかの健康な歯が虫歯になったり、歯周病になったりすることがあります。

4.まとめ

銀歯が取れてしまうのには、接着剤であるセメントの劣化が原因の場合と、詰め物の下が虫歯になっている場合が多いです。

もし、銀歯の詰め物が取れてしまったら、きちんと正しい方法で対処をし、なるべく早く歯医者さんで診察をしてもらいましょう。

痛くないからと取れたまま放置しておくと、虫歯になり治療期間も長くかかってしまいます。虫歯が悪化すると、最悪の場合には歯を失うこともあるので注意が必要です。


その虫歯、すぐに歯医者さんで治療したい方へ

歯医者さんは事前に電話やインターネットで受付を取ることにより、待ち時間を少なくすることができます。下記のサイトから、自分に合う通いやすい歯医者さん検索してみてください。

また、虫歯は放置すると、口臭や病気の原因にもなります。ぜひこの機会に治療しましょう。

歯医者さん検索はこちらから