フッ素は本当に危険?フッ素なしのおすすめ歯磨き粉


子供 歯磨き粉

フッ素は、虫歯予防によいとされており、フッ素の危険性を知っている方は、あまりいないのではないでしょうか。

また、「フッ素には危険なところがある」ということは、どこかで聞いたことがあったとしても、どのようなところが危険なのかをきちんと理解している方は、少ないかと思います。

フッ素は、大量に摂取してしまうと身体にも影響を与えてしまう危険性があるものなのです。

そこで、フッ素の危険性や、子ども用と大人用の歯磨き粉の違い、フッ素が子どもの歯に与える影響、おすすめのフッ素が入っていない歯磨き粉などをご紹介していきます。

1.子どもには大人用の歯磨き粉はNG?

歯磨き粉は、子ども用と大人用に分かれて販売されています。しかし、どこが違うのかきちんとわからないでいる方も多いでしょう。そこで、歯磨き粉に含まれていることの多いフッ素の子どもの歯に与える影響や子ども用と大人用の歯磨き粉の違うところなどをご紹介します。

また、フッ素の入っていない歯磨き粉はきちんと磨けているのか、虫歯になりやすくなってしまわないのか、など心配な点もあるでしょう。そういった方のために、フッ素が配合されていない歯磨き粉の効果についてもご紹介します。

 1-1 子ども用と大人用の歯磨き粉では成分が違う

そもそも、大人の歯と子どもの歯では大きさやかたさが違います。その歯に合わせた成分の量で歯磨き粉は構成されているのです。

大きい歯を磨くための大人用歯磨き粉で、子どもの小さな歯を磨いてしまうと、磨かなくていい部分まで磨いてしまう可能性があります。また、大人用には清涼感を大切にしている商品が多く、そういったものにはメントール成分が入っているのです。

子供 歯磨き

子どもには、清涼感を出す成分は刺激が強すぎるため、配合されていません。そのため、大人用の歯磨き粉を子どもに使用してしまうと、歯にも子ども自身にも刺激が強すぎるのです。

また、大人用の歯磨き粉にはフッ素が多く含まれているので、歯磨き粉を飲み込む可能性のある子どもには、身体に悪い影響を与えてしまう可能性があるため、使用してはいけません。

 1-2 フッ素が子どもの歯に与える影響

フッ素が、虫歯の予防に役立つというのは本当のことです。しかし、何度も大量に乳歯へ塗っていると、歯が「フッ素症」という病気にかかってしまい、永久歯が発育しにくくなる可能性があります。

また、ドラッグストアなどで販売されているフッ素では、濃度がかなり低いため、虫歯の予防効果もほとんど期待できません。こういったことから、フッ素を塗る場合には、歯医者へ行き、相談しながら塗るとよいでしょう。

薬局

 1-3 フッ素の入っていない歯磨き粉の効果

「フッ素の入っていない歯磨き粉は、虫歯を防いでくれなさそう。」と思ってしまうかもしれません。しかし、フッ素の入っていない歯磨き粉に歯の強化は期待できませんが、ミネラルなど歯にとって良い成分が入っているので予防が期待できます。

また、子ども用の歯磨き粉では、発泡剤という泡を出す成分も入っていないものがほとんどなので、子どもが歯磨きを嫌がらずにしてくれるという利点もあるのです。

 2.フッ素なしのおすすめ歯磨き粉

市販の歯磨き粉には、フッ素の入っているものが多いですが、フッ素に対する疑問を抱えている方がいるためフッ素無配合の歯磨き粉も販売されています。

しかし、フッ素の入っていない歯磨き粉を探すためには、成分表をいちいち確認しなければいけません。確認するのが煩わしいと感じる方もいるでしょうから、フッ素が入っていないおすすめの歯磨き粉をご紹介します。また、特徴もご紹介しますので、自分や家族に合ったものを選んでください。

 2-1 天然素材の歯磨き粉

天然素材を使用した子ども向けの歯磨き粉があります。研磨剤や発泡剤は入っていないジェル状の歯磨き粉なため、刺激の嫌いな子どもにも最適。

また、フッ素が入っていないため、フッ素に疑問を感じている方でも安心して使用できます。天然素材を使用しているので、食べたものやその日の体調によって、多少の味の変化はありますが、気になる程度ではありません。

歯磨きが苦手だという子どもにも使いやすいように、柑橘系の味になっているので、毎日の歯磨きが大変だった親御さんも楽に歯磨きをしてあげられるようになるかもしれません。

しかし、天然素材の商品は基本的に防腐剤が入っていないため、暑い日などには冷蔵庫での保存をオススメします。

さらに、動物性の成分が入っていない商品は、身体にも優しいです。

パッケージに「fluoride free」と書いてあるものがフッ素なしの歯磨き粉となります。外国のものは通販で購入するのがオススメです。

また、ミネラルを多く含んでいる商品もあります。そのタイプの歯磨き粉は、フッ素の入っている歯磨き粉と同じくらいの効果が期待できます。

さらに、歯の汚れをしっかり落とし、歯に傷があった場合には、傷の中へ入り込む成分が入っているため、歯をツルツルに磨き上げることができます。

 2-2 大人用

フッ素と防腐剤が入っていない商品は、安心して使うことができます。また、少量の研磨剤が入っているので、しっかりと歯の汚れを落とすことが可能です。研磨剤の入っていないものでは、少し物足りないという方には、少量の研磨剤が入っているタイプを選ぶとよいでしょう。

口臭に悩んでいる方には、ポリリン酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムという成分が、含まれている商品を選ぶといいでしょう。舌にこびりつく汚れまでしっかりと落としてくれます。
また、フッ素が入っていないので、舌磨きの際にも安心して使用することができるのです。

無添加タイプの商品もあります。人にも環境にも優しい歯磨き粉です。もちろん、フッ素も入っていないので、安心して使用できます。ハーブの味ですっきりと爽やかな磨き心地です。

 3.まとめ

フッ素は、歯の強化には有効ですが、常識を超えた量を一度に飲み込んでしまうとフッ素中毒の危険性があります。(例えば、歯磨き粉を一本飲んでしまうなどです)水道水にフッ素が含まれている国では、過剰摂取の危惧からフッ素塗布やフッ素入り歯磨き粉の使用を推奨していない国もあるようです。

日本では、これに該当しないので歯磨き粉にフッ素は入っていたほうが良いと考えてよいでしょう。フッ素に対し少しでも疑問や危険性を感じる方は、フッ素無配合の歯磨き粉を使てみてはいかがでしょう。

最後になりましたが、歯磨きで大切なのは、ブラッシングという機械的操作で汚れをおとすことで、あくまでも歯磨き粉が主役ではありません。毎日の正しいブラッシングと定期的な歯医者での口腔ケアが虫歯からあなたの歯を守ってくれます。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):

監修医 野崎康弘先生

ジェイエムビル歯科医院


院長:野崎 康弘


住所:東京都台東区蔵前2-6-3 ジエイエムビル5F


野崎 康弘先生