歯磨きで虫歯は治る?治らない?詳しくご紹介します!


歯磨き 虫歯

皆さんは歯磨きで虫歯が治せたら良いのにと思ったことはありませんか?歯に違和感が出てきたり、少し痛みも感じるようになると虫歯が進行している可能性が高いです。

本来ならすぐに歯医者さんで治療を受けるべきですが、治療が痛いイメージもあるのでなるべくなら歯医者さんには行きたくないですよね。我慢しても良くはならないのですが治療に行くのが億劫になっている人も多いと思います。

でも実はある方法で歯磨きをすれば治せる虫歯もあるんです。今回こちらの記事では歯磨きで虫歯を治すことができるのか?治せるのであればどんな虫歯か?その方法は?などの疑問に詳しく解説していきます。

また正しい歯磨きの方法についてもご紹介していきますので参考にしてください。

1.歯磨きで虫歯は治せるの?

ここでは歯磨きで虫歯治療ができるのかについて詳しく解説していきます。まずは虫歯のメカニズムや治療の必要性について大まかに押さえておきましょう。

1-1.虫歯は歯磨きでは治せない

基本的に虫歯ができてしまったら自然治癒や歯磨きなど自分の処置で治すことはできません。

軽度であっても虫歯になっているということは歯のエナメル質が侵食され穴が開いている状態です。この状態を歯磨きや口内ケアなどで塞ぐことはできません。ですのでまず前提として虫歯は歯磨きでは治せないと考えましょう。

軽度の虫歯は痛みや違和感など自覚症状が無い場合も多く、虫歯は進行しているのに「ちゃんと歯磨きをしているから大丈夫」という間違った思い込みで治療を遅らせ虫歯を悪化させてしまうことも考えられますので注意が必要です。

1-2.進行している虫歯は自然治癒しない

歯に黒ずみが見られたり、違和感や痛みがある、冷たいものが沁みるなど自覚症状がある場合は虫歯が進行している可能性が高いです。

すでに虫歯菌が歯の表面のエナメル質を侵食し、神経を覆う象牙質に達していることが考えられます。この状態まで来ると、歯磨きや口内ケアなど自力では食い止めることができないので自然治癒は望めません。

1-3.必ず歯医者さんでの治療が必要

進行した軽度の虫歯になると自然治癒が望めないので歯医者さんでの治療が必須となります。軽度の虫歯であれば治療も行いやすく、虫歯の部分を削り取り詰め物をすることで完治することがほとんどです。

しかし、無理に自分で治そうとしたり歯医者さんに行くのが億劫で治療を先延ばしにしていると虫歯は早いスピードで進行し、やがて神経を侵食し始め最悪抜歯が必要な重度の虫歯になってしまいます。

虫歯 治療

歯に少しでも痛みや違和感を感じたり、冷たいものや熱いものが沁みるようなことがあれば自分で判断せずにすぐに歯医者さんに診察、治療を受けに行くことが重要です。

2.歯磨きで治る虫歯とは?

基本的に虫歯になってしまえば歯磨きで治すことはできません。しかしある条件を満たしている虫歯であれば歯磨きで治すことが可能な場合もあります。

ここではどのような状態の虫歯なら歯磨きで治療できるのか、また治せるのであればどういった処置をすればいいかを詳しく解説していきます。

2-1.ごく初期(C0)の虫歯であれば治癒が可能

歯に黒ずみなどもなく、痛みも沁みも出ていないごく初期の虫歯であれば歯磨きで治療することが可能です。

自分で見分けて判断するのは難しいですが、歯の表面のエナメル質の部分が溶け始めてはいるけど穴が開くまでには至っていない虫歯一歩手前の状態です。

外観的には歯の表面、歯と歯の隙間、歯と歯茎の溝あたりが白く濁った色や黄ばんだ色に変色して見えます。

2-2.ごく初期の虫歯を歯磨きや口内ケアで治す方法とは?

◎歯の再石灰化がポイント

歯は食事をするたびに歯が溶ける脱灰(だっかい)と、唾液に含まれるミネラルで溶けた部分を修復する再石灰化(さいせっかいか)を繰り返しバランスを取り合っています。

ごく初期の虫歯とはこのバランスが崩れ、脱灰が進んでしまった状態です。ですので虫歯を自然治癒させるためにはまず脱灰を抑えることが重要です。

具体的には口内を急激に酸性に傾ける甘いお菓子、糖分の多いジュースなどを控えることが必要です。また間食や食事回数が増えるほど口内が酸性に傾きやすくなるので気をつけましょう。

◎フッ素入りの歯磨き粉や洗口剤で歯磨きをする

まず、『フッ素』とはなにかご存知でしょうか。フッ素とは、虫歯菌の活動を抑え、歯の表面の虫歯によって溶け出した部分の再石灰化も促します。

また再石灰化の時に歯の表面のエナメル質と結びつきフルオロアパタイトという成分に変化し歯を強化するので虫歯予防にも最適です。

このフッ素が配合された歯磨き粉や洗口剤を使用し毎日歯磨きをすることで、ごく初期の虫歯であれば治癒することが可能です。

また虫歯の進行を抑え自然治癒させるためには口内環境を健全に保つことが必須です。歯磨きのし忘れ、磨き残しなどで歯垢があると口内が酸性に傾き虫歯菌の活動が活発になってしまいます。

フッ素を使った効果的な歯磨きを実践して虫歯菌が繁殖しづらく歯の再石灰化も促すことができるアルカリ性に保ちましょう。

3.虫歯治癒に効果的な歯磨き、口内ケアとは?

ここからは虫歯を自然治癒させるための正しい歯磨きの方法や口内ケアについて解説していきます。また併せて効果的な口内ケアグッズのご紹介もしていきますので参考にしてください。

3-1.正しいブラッシングを身に付ける

磨き残しの歯垢で虫歯菌が繁殖して酸性に傾かせないためにも正しいブラッシングを身に付け口内を清潔に保つことが重要です。

具体的には、自分に合った硬さの歯ブラシを選び、歯の表面のエナメル質を傷つけないよう軽い力で磨くようにしましょう。

ブラッシング指導

また磨く場所は、歯垢を残さず落とすことを第一に歯の隙間、歯の裏側、歯と歯茎の間、磨きにくい奥歯などを意識して丁寧に磨きましょう。

歯医者さんでも正しいブラッシングの指導をしてくれるので積極的に受けに行きましょう。

3-2.歯を磨くタイミングが重要

朝昼晩食べた後の歯磨きはもちろん、間食やおやつなどを取ったときなども口内を酸性に傾かないよう歯磨きを徹底し、時間が無い場合は洗口液でうがいすることが重要です。

夜に食事を取ったあと歯磨きをしないで寝ることや、寝る前に甘いものを食べてそのまま寝ることは長時間口内を酸性にしてしまい一番虫歯の進行を早めてしまう行為なので気をつけましょう。

3-3.口内ケアグッズを活用する

◎フッ素歯磨きジェル

虫歯菌の増殖を抑え、歯の再石灰化を促し歯を強くするフッ素が配合された歯磨きジェルです。

市販されているので歯医者さんで散布してもらわなくても手軽に使用できるので毎日の使用におすすめです。

商品名:コンクール ジェルコートF 90g
価格:¥898-(Amazon引用)

商品の詳細

出典:https://www.amazon.co.jp/

◎キシリトールガム

キシリトールは自然由来の甘味料で砂糖と違い虫歯菌が増殖しません。また唾液の分泌を促し、歯と同じ成分であるリン酸カルシウムとフノランという成分も配合されているので歯の再石灰化を促進する効果があります。

食後歯を磨く時間の無いときはキシリトールガムを噛む習慣を作りましょう。

商品名:【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(アップルミント)
価格:¥1485-(Amazon引用)

【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(アップルミント)
出典:https://www.amazon.co.jp/

4.まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回の記事はいかがでしたでしょうか?

基本的に進行している虫歯は自然治癒することが無く、歯磨きで治すことは出来ません。しかしごく初期の進行していない虫歯であればフッ素などを使い歯磨きで治療することも可能です。

ただし完全に治癒したかは素人では判断できないので痛みが無くても時間を見つけて必ず歯医者さんで診察、治療を受けるようにしましょう。


その虫歯、すぐに歯医者さんで治療したい方へ

歯医者さんは事前に電話やインターネットで受付を取ることにより、待ち時間を少なくすることができます。下記のサイトから、自分に合う通いやすい歯医者さん検索してみてください。

また、虫歯は放置すると、口臭や病気の原因にもなります。ぜひこの機会に治療しましょう。

歯医者さん検索はこちらから