虫歯の治療後に歯が痛いとき、考えられる原因と対処法


悩む女性

虫歯の治療後に歯が痛むケースがあります。せっかく虫歯を治療したのに痛み出すと「まだ治っていないのでは…」と不安になりますよね。

治療後のことなので、このまま自宅で様子見していていいのか、歯医者さんに行った方がいいのかの判断にも悩むかと思います。

しかし、治療後に歯が痛むケースはその原因や対処法もさまざまです。

まず、特徴別に、原因や対処法を見ていきましょう。

1  虫歯治療後に歯が痛む4つの特徴と対処法

虫歯の治療後に歯が痛む症状や特徴を4つのケースに分け、原因と対処法についてあげていきます。

1-1 普通に治療したのに歯が痛い

虫歯ができたけれどそこまで進行していない場合は、神経を取ることもなく治療できることが多いものです。しかし、治療後に痛みが出た場合、以下の原因が考えられます。

器具の振動や熱による痛み

歯 削る

歯には神経が通っていますが、治療の際に歯を削ることで、器具の振動や摩擦熱がこの神経に伝わって痛みが出ることがあります。

歯は表面をエナメル質が覆い、その次の層は象牙質で構成されています。軽い虫歯だとエナメル質を侵食するだけで済みますが、虫歯が進行するとエナメル質を通過して象牙質に達し、さらに悪化するとその奥の神経に達します。

虫歯を削り取る時は、虫歯菌の削り残しがないように、少し広めに歯を削ることになります。ある程度進行した虫歯を治療する時にはさらに削る面積が大きくなりますので、神経に振動や熱が伝わりやすくなるのです。

しかしこれらの痛みは一過性のもので、1週間から長くても2ヶ月(から長くても2週間)程度でおさまるのが通常です。

もしも(1か月以上)全く痛みが引かない場合や、どんどん痛みが増していく場合は、(他の原因が考えられ)治療が必要な可能性が高いので歯医者さんにいきましょう。

神経に細菌が感染した

歯の治療の際に歯を削ることで、神経が細菌感染して痛みが出ることがあります。進行した虫歯の場合、治療する時に神経近くまで歯を削ることになります。

神経は歯の象牙質の内側にありますが、歯に張り巡らされているため、治療で歯を削る時に神経を傷つけてしまうことがあります。

ウイルス

神経を傷つけただけであれば数日で痛みは引きますが、この時に細菌に感染してしまうと痛みが引かなかったり、神経が膿んだりします。

数日経っても痛みが引かない場合や痛みが増す場合は、細菌感染の可能性があり、その場合は神経を抜くなどの治療が必要になりますので、早めに歯医者さんに行きましょう。

1-2 かぶせ物をしたが食事の時に歯が痛む

虫歯を治療して銀歯などの被せ物をした後に歯が痛むことがあります。その原因には2つ考えられます。1つは金属を通じて熱や冷たさが歯の神経に伝わって痛みが出ていること、もう一つが噛み合わせによるものです。

金属を通じて熱や冷たさが歯の神経に伝わった

金属は伝熱性が高いため、健康な歯よりも熱が伝わりやすいのです。この場合は数日もすれば神経が慣れるため、痛みは治まります。

噛み合わせによるもの

もう1つが噛み合わせによるものです。歯を削って詰め物をする際、歯医者さんでは通常噛み合わせまで調整してくれます。かみ合わせ

しかし実際に家に帰って食事をすると、詰め物が高く、噛み合わせが悪くて歯が痛むことがあります。違和感が数日抜けない、痛みが引かないといった場合は、歯医者さんで再調整してもらいましょう。

1-3 神経を抜いたのに、歯が痛い

虫歯が進行して神経にまで達している場合は、神経を残せないことも多くあります。神経を抜いてしまうと歯の痛みはなくなるはずですが、神経を抜いたのに歯が痛い場合には以下の原因が考えられます。

神経が残っていた

治療の際に抜いたはずの神経が抜ききれていなかった場合、神経に痛みが残ることがあります。歯の内部の神経は網の目状になっているため、神経を取ると言っても全てを取りきれるわけではありません。

また、神経は歯の内部だけではなく周囲にもあり、神経を抜く治療の際には繋がっているこれらの神経をちぎるような形で治療されるため、残った神経には強い負荷がかかり痛みが残ることがあります。

問題なければ数日で痛みは引きますが、痛みが引かない・ひどくなる場合は歯医者さんに相談に行きましょう。

細菌が感染した

治療の過程で、歯の根元を傷つけて細菌が感染し、痛みが出ることがあります。

治療の際に歯の内部の神経を取り除きますが、神経を取るためには針状の器具を神経に沿って歯の内部まで入れていきます。しかし、根元は肉眼で見えずらいため、器具が神経のある場所を貫通し、歯の根元に穴が開くことがあります。

器具が根元の外の部分に貫通してしまう際に、一緒に細菌まで根元の外に押し出してしまったり傷をつけてしまったりすることで、根元の周辺が膿んだり腫れたりし、最悪の場合は歯を抜かなければならなくなります。

1-4 虫歯の治療後に歯茎が痛い

虫歯の治療後に歯茎が痛むことがあります。歯茎が痛む原因として考えられるのは、主にこの2つです。

炎症

治療中に炎症をおこした

根管治療など、進行してしまった歯の治療に多いケースですが、治療後に歯茎が腫れたり痛みが出ることがあります。治療をする前の時点で歯の根元に膿が溜まっていると、歯の治療によって膿が外に出やすくなり、それに伴って痛みが出てきます。

この場合は膿が外に出切ることで痛みも治まってきますのであまり心配はいりません。

麻酔注射による痛み

虫歯の治療の時には、状況に応じて麻酔注射を打つことがあります。麻酔注射の針が歯茎に刺さって傷をつけることで痛みが出ることがあります。

麻酔の効きやすさには個人差があるため、人によっては何度か麻酔注射を打つこともあります。歯茎に注射針を刺すことで、外傷が生まれ、治療後に注射針による傷が痛むことがあるのです。

注射が原因で歯茎が痛む場合は、針による傷が治れば痛みも引きます。また、治療中は麻酔が効いていて痛みがなかったのに、治療後に麻酔が切れたことで痛みが出てくることもあります。

2. 虫歯治療以外でも歯が痛む2つの特徴と対処

2-1 歯石を除去しただけなのに歯が痛むのは

治療ではありませんが、歯石除去しただけなのに後になって歯がしみることがあります。この原因は、エナメル質に傷がついてしまうことです。

歯石を除去する時に歯の表面のエナメル質に細かい傷がつき、エナメル質の下にある象牙質が表面に出てきます。象牙質には歯の神経が通っているため、冷たいものや熱いものを食べたり飲んだりする際にしみることがあります。

しかし象牙質はしみる状態を改善しようとまた作られるため(第二象牙質)、数週間〜数ヶ月でしみる症状が治まってきます。

2-2 歯周病治療でも歯が痛むことがある

歯周病治療後に歯が痛むことがあります。この原因としては、歯周病によって腫れていた歯茎が正常に戻る過程で痛んでいた歯の表面が表に出ることで痛むことや、治療の際に歯周ポケットの深い部分まで器具が入り込むことによって歯茎がダメージを受けてしまうことなどが挙げられます。

歯周病

また、歯周病の治療の際には治療した歯以外の歯が痛むといったケースもあるようですが、これはもともと歯周病が原因で根元に膿が溜まっていたものが、歯周病の治療によって溜まった膿が外に出ている状態ですのであまり心配はいりません。

歯周病治療は、進行具合によっては治療期間が長引くものです。治療の過程で痛みや腫れなどの症状が出た場合は適宜歯医者さんに相談しましょう。

3.まとめ

治療の過程で少なからず歯や歯茎にはダメージを与えるため、虫歯の治療後に歯が痛むことは珍しいことではありません。しかし、治療が原因での痛みは一過性のものですので、原因にもよりますが数日から長くても数ヶ月たてば治まります。

もしも治療後に痛みが引かない・どんどんひどくなるといった場合は、一過性のものではなくさらに治療が必要な状態であることも考えられますので、早急に歯医者さんに相談しましょう。


その虫歯、すぐに歯医者さんで治療したい方へ

歯医者さんは事前に電話やインターネットで受付を取ることにより、待ち時間を少なくすることができます。下記のサイトから、自分に合う通いやすい歯医者さん検索してみてください。

また、虫歯は放置すると、口臭や病気の原因にもなります。ぜひこの機会に治療しましょう。

歯医者さん検索はこちらから