虫歯になりやすい人となりにくい人、その違いを徹底分析!


虫歯 違い

歯を磨いているのに虫歯になってしまった…という人も多いのではないでしょうか。一方で、そこまでケアに気をつけていないのに虫歯にならないという人もいます。

虫歯には、なりやすい人となりにくい人がいるのでしょうか?

虫歯は遺伝しないため、虫歯になりにくい・なりやすいというのはやはり生活環境や習慣に由来するところが大きいようです。どんな習慣だと虫歯になりやすいのでしょうか。

1.虫歯になりやすくなる2つの原因

どんな場合に虫歯になりやすいのか、虫歯になりやすくなる2つの原因についてあげていきます。

1-1 口の中が酸化すると虫歯になりやすい

食事によって口の中が酸化することで、エナメル質が溶け出して虫歯になりやすいと言われています。

虫歯になるためには、歯垢・糖分・細菌・時間の4つの要素が必要です。食事をすると歯には食べ残しが付着し、歯磨きをしても取りきれなかったこれらの食べ残しを餌として細菌が集まり、歯垢を作ります。

食後に歯磨きなどのケアをせずにほっておくと、このように歯垢が溜まります。歯垢は酸を作り出しますが、この酸化によって歯が溶けることで虫歯になるのです。

酸はまず歯の表面のエナメル質を溶かし、さらに虫歯が進むとその中の象牙質、神経まで溶かしていきます。

 「だらだら食い」は口の中を酸化させやすい

ダラダラ食い

ダラダラ食いをして頻繁に間食することで、口内が中性に戻り切る前に酸化してしまいます。ダラダラ食いは虫歯ができやすい環境を作り出してしまうのです。

食後に食べカスなどの歯に付着した汚れを放置しておくと、口内が酸化しますが、唾液はややアルカリ性に傾いているため、酸化した口内を中性に戻す働きをしています。

また唾液には細菌感染を予防する免疫グロブリンなどが含まれており、細菌感染を防ぐ働きもしているのです。

唾液が口内を中性に戻すまでにかかる時間は約1時間ですが、ダラダラ食いをするとまた口の中が酸性に傾いてしまいます。

1-2 唾液が少ないと虫歯になりやすい

唾液は、口内を中性に保ったり、細菌の感染を予防したりと虫歯を防ぐために大切な働きをしますが、唾液が少なくなるとこれらの働きも弱まってしまいます。唾液が少ない人が虫歯になりやすいのは、このような理由からです。

唾液が少なくなる原因にはどういったものが考えられるのでしょうか。

歯並びも唾液の量に影響する

歯並びが悪いと、凹凸ができてしまうため、唾液が行き渡りにくくなります。(唾液の流れが悪くなってしまいます。)その結果虫歯になりやすくなります。

唾液が行き渡らない(流れが悪い)と、唾液による細菌感染予防効果が薄れてしまいます。また、磨きにくい場所には食べ物のカスから生じる細菌が溜まりやすくなりますが、唾液が行き渡らなければこれらの細菌を唾液で洗い流すことができず、細菌が繁殖し歯垢を作りやすくなってしまうのです。

ストレスで唾液が減ることも

ストレスや緊張によって、唾液量がへる「ドライマウス」が引き起こされ、虫歯の原因となることがあります。

ストレスや緊張を感じると、自律神経が乱れます。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類がありますが、ストレスや緊張を感じることによって交感神経が活発になるのです。

ストレス

この交感神経は唾液分泌を減少させてしまいます。このような自律神経の乱れが原因となって、ドライマウスを引き起こします。できるだけストレスを溜めないよう、日頃からリラックスできる環境が必要です。

2.虫歯になりにくい体質になるための4つの改善方法

虫歯になりにくい体質を意図的に作り出すことはできるのでしょうか?虫歯になりやすい原因を取り除き、ケアすることによってそれは可能です。

ここでは、虫歯になりにくい体質になるための4つの改善方法をご紹介します。

2-1 規則正しい食生活を

虫歯になりにくい食生活として、間食を控えることが大切です。口内を中性に保つことが虫歯を防ぐ一つの方法ですが、ダラダラ食いをすることで口内が酸性に傾いてしまい、中性に保つ時間が減ってしまいます。規則正しい食事

特に砂糖や酸味の強い柑橘系の果物などは、口の中を酸性に傾けやすい食品です。

糖分が多く入ったスポーツドリンクやジュースなどを頻繁に飲むことも虫歯のリスクを高めますので避けましょう。できればお茶やミネラルウォーターに切り替えてみてはいかがでしょうか。

2-2 正しい歯磨きの仕方を知る

虫歯になりにくい歯を作るには、口内を酸性に傾けないこともそうですが、歯についた歯垢を取り除くことも大事です。正しい歯磨きの仕方をマスターして毎日のケアに役立てましょう。

正しい歯磨きの仕方として一般的に言われているのは、1本1本丁寧に磨くこと、力を入れすぎずに軽く磨くことなどです。また、口内が酸性に傾いている状態で歯を磨くと、エナメル質を傷つけるおそれがあるため、食後の歯磨きは少し経ってからするといいようです。

歯磨き

具体的にどう磨けばいいのか、歯磨きの手順やコツについては、歯医者さんに行って直接指導してもらうことをお勧めします。歯並びや歯磨きの癖は人それぞれです。歯医者さんで1対1で教えてもらうことで、それまでできていなかった部分もわかりますし、気をつけたほうがいいポイントなどもわかります。

2-3 フッ素塗布は定期的に

虫歯予防のためにフッ素を塗布ことが有効だと言われています。フッ素は歯の表面に塗ることでフッ素カルシウムという成分を作り出し、歯の再石灰化を促進して虫歯を予防する働きがあります。

その他にも、フッ素を表面に塗ることによって歯を溶けにくくしたり、抗菌作用で歯に付着する細菌から歯を守る働きをします。

このフッ素ですが、歯医者さんで塗布するのと自宅でフッ素入りの歯磨きを使うのとでは効果が違うのでしょうか?

市販の歯磨き粉に入っているフッ素は、歯医者さんで使用するの濃度の10分の1以下と、はるかに低濃度に保たれています。しかしその分効果も緩やかなため、歯医者さんで定期的にフッ素を塗布してもらうことが大切です。

フッ素を1回塗っただけでは虫歯予防の効果は持続しませんので、歯医者さんで塗布してもらう場合は、3ヶ月〜半年ごとの塗布が目安です。それだけではなく、市販の歯磨きでフッ素入りのものを使用して日常にフッ素ケアを取り入れましょう。

2-4 歯の定期検診を受けよう

歯医者

虫歯になって初めて歯医者さんに通うという人も多いと思いますが、定期的に歯医者さんに通って定期健診をすることも虫歯を予防し、虫歯になりにくくするためには有効です。定期健診では、以下のような項目をチェックしてくれます。

・虫歯があるかどうか チェック!

・歯周病にかかっていないか、歯茎は健康か

・綺麗に歯磨きができているか、ブラッシングの指導

・歯垢や歯石の除去

・粘膜の状態をチェックし、炎症や病気がないかを見る

このほかにも、日頃気になっていることを直接歯医者さんに相談することもできます。

取りきれない歯垢を放置してしまうと、酸を出して歯を溶かし始めます。初期の虫歯は治療する必要がありませんが、進行してしまうと歯を削るなどの治療が必要になってしまいます。

定期的に検診を受けることで初期の虫歯を早期発見できます。また、日頃一人で歯磨きしているとわからない歯磨きの癖なども客観的にアドバイスがもらえます。

定期健診の料金ですが、平均で3,000円〜4,000円程度です。頻度としては、3ヶ月〜半年おきに行くくらいでいいでしょう。

3.まとめ

虫歯になりやすいかなりにくいかは、歯の質にもよりますが、食生活などの生活習慣によるところが大きいようです。

間食を控える、正しい歯磨きの方法をマスターするなど、日頃から気をつけていれば虫歯になりにくい体質に改善できます。


その虫歯、すぐに歯医者さんで治療したい方へ

歯医者さんは事前に電話やインターネットで受付を取ることにより、待ち時間を少なくすることができます。下記のサイトから、自分に合う通いやすい歯医者さん検索してみてください。

また、虫歯は放置すると、口臭や病気の原因にもなります。ぜひこの機会に治療しましょう。

歯医者さん検索はこちらから