子供の歯磨きしっかりできている?正しく仕上げ磨きをするコツ


子供 歯磨き

子供の歯磨きって案外難しくないですか?歯磨きをするときに子供が嫌がって暴れたり、口を開けてくれなかったりと、とても大変です。

でも虫歯予防には、子供の時からの歯磨きが大切。子供の歯磨きのことで悩んでいるお母さんやお父さんのために、今回は子供の歯磨きのやり方から正しい仕上げ磨きのコツ、正しい歯ブラシ選びなど詳しく紹介します。

しっかり学んで、これからは毎日楽しく子供と一緒に歯磨きしましょう。

1.子供の歯磨き

生まれたての赤ちゃんには、俗にいう「虫歯菌」が存在しません。そのため、赤ちゃんの口腔内に虫歯菌を植え付けないためにも、子供のころからの歯磨きが大切なのです。

その子供の歯磨きを始めるタイミングとしては、乳歯が最初に生え始めた時が目安となります。

1−1. 子供が歯磨き嫌いになる最大の原因が「仕上げ磨き」

仕上げ磨きの時に、汚れをとることに必死になり、同じところを何度も磨いたり、ついつい強い力で磨いてしまいがちです。
乳歯強い力で磨くことで、歯ブラシの毛先が広がり、歯茎を傷つけ逆に歯垢が取れにくくなってしまいます。

結果子供も痛みを感じるようになり、歯磨きすることを怖がり、歯磨き嫌いになってしまうということに繋がるのです。

正しい仕上げ磨きこそが、子供の歯磨き好きを左右する最大のポイントとなります。

1-2.乳歯の磨く場所とタイミングも大切

乳歯の虫歯になりやすい場所が2か所あります。

・奥歯の噛み合わせの上下4か所

・上の前歯

この2か所に気をつけて歯磨きをすることが大切です。

また、歯磨きするタイミングとしては、やはり毎食後に行うのがベストですが、難しい場合は、夕食後と寝る前は必ず行うようにしましょう。

2.大人の歯と子供の歯の違い

大人の歯(永久歯)と子供の歯(乳歯)の違いは大きく3つに分かれます。

1.色:乳歯は「白」に近いのに対して、永久歯は「黄色味」を帯びています。

2.大きさ:全体的に乳歯の方が、永久歯に比べてひとまわり小さいのです。

3歯質:エナメル質と象牙質の厚みが乳歯は、永久歯の半分ほどの薄さしかありません。また、乳歯は、永久歯に比べて、石灰化が不十分なため、柔らかいのです。

2-1.乳歯の特徴

乳歯は、下顎の前歯が1番最初に生えてくることが特徴的です。そこから、奥歯にかけて順番に生えて、3歳頃までに20本全て生え終わることが一般的とされています。

また、乳歯は、永久歯に比べ、石灰化が低く、柔らかい為に虫歯ができやすいことが特長です。

2-2.乳歯が虫歯になってしまうと生じる問題

乳歯の虫歯の特徴として、乳歯の虫歯は、永久歯の虫歯みたいに黒くはなく白いということです。

そのため、見た目からでは虫歯を発見しにくいという問題が生じます。

そして、乳歯が虫歯になってから生じる最大の問題としては、子供は、痛みを感じる感覚が未熟で、痛みという自覚症状が出にくいことにあるのです。そのため、気づかないうちに虫歯が進行していたということに繋がります。

乳歯の虫歯ができやすい場所は、「上顎前歯」、「奥歯の歯」、「歯と歯茎」の間が最も多いです。日頃から、注意深く子供の歯の様子を観察するようにしましょう。

3.正しい仕上げ磨きの方法

1.歯ブラシの毛先が、「歯と歯茎の境目」「歯と歯の間」に、まっすぐになるようにきちんとあてます。

2.軽い力で、歯ブラシの毛先が広がることのないようゆっくり動かしながら、1~2本ずつ磨くのです

3.歯垢はなかなか除去しにくいため、1カ所につき20回以上丁寧に動かします。ブラッシングする時間は「3分以上」が目安です。

仕上げ磨き

仕上げ磨きの際、最も大切なのが「力加減」。強く磨くと、子供が歯・歯茎に痛みを感じてしまい「歯磨き嫌い」にさせてしまう原因のひとつとなります。

3-1.力加減と動かし方

力加減を簡単にチェックする方法があるので紹介。

用意するものが「キッチンスケール」「キッチンペーパー」「仕上げ磨きに使う歯ブラシ」です。

水平な場所にお持ちのキッチンスケールを置き、その上にキッチンペーパーを乗せ、0gになるよう設定します。そして、普段子供に歯磨きをする持ち方で歯ブラシを持ち、毛先をそのままキッチンスケールに押し当てて数字を図るのです。

このとき「150~200g」の間になる程度の力加減がベスト。この力加減で、ゆっくりと丁寧に動かしましょう。

3-2.歯ブラシの当て方

歯ブラシの毛先が歯面にまっすぐあたるように歯ブラシを当てるように行いましょう。

3-3.磨く順番

子供は、前歯の近くの歯が敏感になりやすく、触られるのを嫌がることが多いのです。そのため、磨く時は、感覚が鈍い歯から順番に行うことがポイント。

1.下の奥歯

2.上の奥歯

3.下の前歯

4.上の前歯

の順番に行うと抵抗がすくないようです。

4.嫌がられない仕上げ磨きのコツ

仕上げ磨きを嫌がられないコツは、子供に仕上げ歯磨きへの「恐怖心」をなくすことが大切です。子供は、仰向けに寝かされることに強い抵抗感を抱くことが多いとされています。

親子 笑顔 歯磨き

仕上げ磨きの時に、無理やり仰向けに寝かせるのではなく子供自ら保護者の膝の上に仰向けにさせることがポイント。そのときに、子供の好きなおもちゃやぬいぐるみを使って、「一緒にお母さんのお膝にゴロンできるかな」などと声をかけながら行うと子供は安心するのでおすすめです。

4-1.奥歯の仕上げ磨きのコツ

奥歯を磨く時のコツは、歯ブラシを奥から前に動かすことです。乳歯は、奥歯が2本ですので、手早くできます。奥歯のかみ合わせの溝部分が、特に歯垢が残りやすい場所なので、注意して磨きましょう。

4-2.前歯の仕上げ磨きのコツ

子供の上唇と歯茎をつなぐ「筋」の部分に歯ブラシが当たると、痛がり歯磨きを嫌がる原因となります。

前歯を磨く時のコツは、この「筋」の部分になるべく当たらないようにすることです。

まず、上唇を持ち上げ、歯と歯茎の境目が見えるようにします。そして、歯ブラシを持っていない手の人差し指の腹の部分で、上唇と歯茎をつなぐ筋の部分を隠しながら、仕上げ磨きを行うようにしましょう。

4-3.笑顔で行う

子供は、口元を触られるのを嫌がることが多いのです。そのため、歯磨きを嫌がらないためにも、日頃から子供の口元を触るようにしましょう。

そして、仕上げ磨きをするときは、子供が安心できるように、「笑顔」で話をかけながら行うことが最も大切です。

4-4.たくさん褒める

時間がかかるとどうしても、子供は飽きてしまうため、短時間で手早く丁寧に行うようにしましょう。仕上げ磨きをするときに、数をかぞえながら行うと、歯磨きの終わりが分かり子供も頑張れるのでおすすめです。

そして、仕上げ磨きが終わった時は、必ずたくさん褒めてあげましょう。褒めることで、子供は喜ぶため、仕上げ磨きを嫌がらないようになります。

5.子供のオーラルケアグッズ

歯磨きデビューする前の、おすすめのオーラルグッズを紹介します。年齢とお子さんの歯の健康状態に合わせて、使用を変えてみてください。

子供用歯ブラシ

【ガーゼ】
ガーゼ磨きを始めるタイミングは、赤ちゃんに下の前歯が生え始めた時です。

【ガード付の歯ブラシ】
上下4本の前歯が生えたら、おもちゃ代わりにガード付歯ブラシを持たせましょう。

【仕上げ磨き用歯ブラシ】
歯ブラシに慣れたら、仕上げ用歯ブラシを使います。

【歯磨きシート】
仕上げ磨きを嫌がる赤ちゃんにおすすめ「歯磨きシート」。外出時にも使えて便利です。

【子供用歯磨き粉】
赤ちゃんが好きな甘い味の「子供用歯磨き粉」を使うと、歯磨きを嫌がらなくなります。

5-1.歯ブラシの選び方

歯ブラシは

・ヘッドが小さめもの

・グリップが握りやすいもの

・毛が柔らかくて、密集しているもの

を選ぶことをおすすめします。

また、最初の歯が生え始めたら、赤ちゃんが自分で磨けることのできるトレーニングブラシを与えることをおすすめします。その際、のどをつかないような工夫のあるものを選びましょう。

5-2.歯磨き粉の選び方

子供の歯磨き粉はなんでも良いわけではありません。選ぶことを間違えると、子供の歯を傷つけたり、虫歯になりやすくなることもあります。そのため、正しい歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

歯磨き粉を選ぶ際に、大切な5つのポイントがあります。

1.永久歯が生えるまでは、必ず「子供用歯磨き粉」を選ぶこと。

2.「フッ素入り」の歯磨き粉を選ぶこと。

3.「顆粒」が入っていない歯磨き粉を選ぶこと。

4.「研磨剤」という成分が入っていない歯磨き粉を選ぶこと。

5.泡立ちが良くない歯磨き粉は選ぶこと。

6.まとめ

歯磨きをする上で最も大切なことは、子供に歯磨きを「好き」になってもらうことです。正しい歯磨きのやり方を覚えて、毎日楽しく子供と一緒に歯磨きしましょうね。


その虫歯、すぐに歯医者さんで治療したい方へ

歯医者さんは事前に電話やインターネットで受付を取ることにより、待ち時間を少なくすることができます。下記のサイトから、自分に合う通いやすい歯医者さん検索してみてください。

また、虫歯は放置すると、口臭や病気の原因にもなります。ぜひこの機会に治療しましょう。

歯医者さん検索はこちらから