虫歯の黒い点は危険?治療は必要なの?黒い点を徹底分析!


虫歯 黒い点

歯磨きをしているときに、歯に黒い点を見つけたら「これは虫歯かな?」と心配になる方が多いでしょう。そのとき、歯が痛んだりしみたりしていればすぐに歯医者へ行くと思いますが、自覚症状がない場合は「虫歯かな」と思いながらも放置してしまうこともあるでしょう。

このように歯に黒い点を見つけてそのままにしておくのは、はたして問題ないのでしょうか?今回は、黒い点が確認できる虫歯について、進行度や放置した場合の危険性、そして治療法などをご紹介します。

この記事を参考に、「虫歯の黒い点」の状態を正しく把握して適切な対処をしましょう。それが、健康で美しいお口と歯の基本です。

1.黒い点が確認できる虫歯とは

歯に黒い点を見つけたとき、まず心配になるのは「この虫歯はどの程度、進行しているものだろう?」ということではないでしょうか。

ここでは、虫歯の進行度や治療法についてご説明します。

1-1 虫歯の進行度

虫歯 進行度

虫歯の進行度は、C0、C1、C2、C3、C4というようあらわします。

初期虫歯(C0)

初期虫歯は「C0(シーゼロ)」と呼ばれ、虫歯になりかけの状態です。

C0の段階では、歯の表面に白く濁った部分や黄色っぽくなった溝が見られます。痛みなどの自覚症状はほとんどなく、歯磨きをしっかりと行えば治療は必要去りません。

C1の段階

C1になると歯の表面のエナメル質が溶け、白い斑点状の濁った部分や黒い点が確認できるようになります。自覚症状としては、冷たいものや甘いものがしみることがあります。 

黒い点が表す進行度は、いずれも虫歯の初期段階にあたるものです。ですが、初期段階だからといって放置していては、虫歯はどんどん進行していきます。

1-2 放っておくとどうなる?進行度にあわせた治療法

黒い点を放置いると、どんどん虫歯は進行していき歯はもろくなってしまいます。虫歯が悪化すればするほど、自覚症状がでてきて、治療内容が重くなりっていきます。

本来であれば、少し削るだけでよかったものが、どんどん痛みが伴う治療へと変化していきます。症状に対する治療法をみていきます。

初期虫歯の黒い溝

初期虫歯の場合、基本的に削る必要はありません。「削る・詰める」の治療をしなくても、正しい歯磨きや生活習慣の見直し、歯科クリーニング、フッ素塗布などで虫歯の進行を抑えることができます。

ただし、間違った方法では進行してしまいますので、歯医者さんの正しい指導の元で管理することが大切です。

C1の黒い点

C1まで進行した黒い点は治療が必要です。C1の段階では、麻酔をしなくても治療できる可能性が高くなっています。C1は神経の通っていないエナメル質にとどまっている状態なので、麻酔をしなくても痛みを感じることなく虫歯部分を削れるからです。

C2より進行した虫歯の穴など

C2より進行した虫歯の場合、進行度や状態によって治療法はさまざまです。基本的にC2では虫歯を削って詰める、C3では神経を取り除き根管治療を行う、C4では抜歯して入れ歯やインプラントにする、ということになります。最近の治療法は多様化していますので、自分の希望を伝えながら歯医者さんと治療方法を検討しましょう。

2.黒い点の検査法

虫歯 治療

虫歯によって見られる歯の黒い点は、削る必要があるのか、残せるものか、その判断ができる検査法についてご紹介します。

2-1 ダイアグノデント

ダイアグノデントとは、レーザーで虫歯を数値化して診断する機械のことです。小さな虫歯も見落とさずに、か虫歯の進行度まではかることができます。

ダイアグノデントは、拡大鏡を使ったり、探針でつついたりするよりも高い精度で虫歯の状態を確認できます。削るか削らないかを的確に判断できるため、削らなくていい黒い点を安易に削ることがなくなります。

2-2 レントゲン

歯のレントゲンでは、進行した虫歯の深さを確認することができます。歯の表面に見えるのは小さな黒い点のためC1だろうと思っていても、実は黒い点から虫歯が大きく広がっている場合もありますので、正しい進行状態と適切な治療方法を把握するためには、レントゲンが有効です。

3.虫歯以外の黒い点の正体

実は黒い点が「虫歯」ではない場合もあります。

3-1 着色

虫歯以外でも、コーヒーや紅茶、タバコなどの着色で黒い点ができる場合があります。歯の裏側や奥歯の溝、歯並びの悪いところなど、磨き残しやすい箇所に着色しやすく、それが黒い点に見えるのです。

着色は、歯医者さんのクリーニングで落ちる場合もありますが、溝などに入り込んでしまった着色は落ちないので、ホワイトニング治療をすることになります。クリーニングやホワイトニングで着色の黒い点を落としても、それまでと同じ習慣を続けていてはまた着色してしまいますので、治療と同時に喫煙や食生活を見直すとよいでしょう。

3-2 歯石

虫歯でも着色でもない原因で、歯茎の根元に黒い点ができる場合もあります。それは歯石です。歯周病が進行すると黒い歯石ができてしまいますので、早めに治療するようにしましょう。

治療は、まず正しい歯磨きで歯茎を引き締めることが大切です。引き締めることによって黒い歯石が見えてきますので、それから除去していきます。除去後も定期的にメンテナンスを受けて、歯石がつかない状態を保ちましょう。

4.黒い点ができないようにするために

歯の黒い点は、正しく見分けて適切な治療を受ければなくなりますが、再び黒い点ができないようにするためには、どのようにすればよいのでしょうか。

4-1 日常生活で気をつけるポイント

黒い点ができないようにする、というのは、虫歯が進行しないようにすること、そして新しい虫歯ができないようにすることです。つまり、予防意識を高めることが大切。日常生活で気をつけるポイントは、以下の3つです。

・プラークコントロール:正しい歯磨きをして、お口の中の細菌を減らしましょう

・フッ素の利用:歯磨き粉やうがい薬などで、フッ素を利用しましょう

・食習慣の見直し:甘い物を食べ過ぎない、だらだら食べないなど、健康的な食生活を心がけましょう

5.まとめ

虫歯は放っておくと、どんどん進行してしまいます。ですから黒い点を発見した場合は、きちんと歯医者さんで診てもらいましょう。黒い点が初期虫歯の場合は予防処置をしっかりして、早期発見・早期治療につとめましょう。

そうすることで、自覚症状もなくなり、治療の痛みも少なくできます。ご自身の負担を減らすためにも、黒い点を見つけたら早めに歯医者さんへ行くようにしましょう。


その虫歯、すぐに歯医者さんで治療したい方へ

歯医者さんは事前に電話やインターネットで受付を取ることにより、待ち時間を少なくすることができます。下記のサイトから、自分に合う通いやすい歯医者さん検索してみてください。

また、虫歯は放置すると、口臭や病気の原因にもなります。ぜひこの機会に治療しましょう。

歯医者さん検索はこちらから